fc2ブログ

 いい場所みっけ

ヒゲコノハカメレオンのくまこ1

久々にくまこの観察復活(笑) ちなみにくまこ邸全景はこれ


ヒゲコノハカメレオンのくまこ2

といっても、今回は私ではなく部屋の中を観察しています。


ヒゲコノハカメレオンのくまこ3

ご機嫌さんで1日中、のんびり部屋の中を見渡していたくまこでした。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

 ハリーポッターと死の秘宝 パート1のネタバレありの私的感想


最初の映画「ハリーポッターと賢者の石」は主演のダニエル・ラドクリフのかわいらしさと魔法の世界の生き生きとした描写がとても素敵な作品で、大好きでした。
ただしダニエル・ラドクリフがかわいらしいのは今だけで、成長したらどちらかというと不細工になるのではないかとなんとなく感じたのは私だけではないと思います。そして予想どおり回を重ねるにつれ、どんどんかわいらしさが失われていくハリーポッター、つまらなくなっていくストーリー(笑)

今回、映画を見始めて最初に思ったのは、「わっ、ハリーポッターがずいぶん変な顔になったな~」ということでした(^^;
このシリーズのストーリーはもともとたいしたことはないので感想を記すほどでもありませんが、前回の「ハリーポッターと謎のプリンス」から引き続き、この死の秘宝もハリーとロンとハーマイオニーがとにかく逃げること、逃げること‥(笑)

そして相変わらずロンは思慮が足りない。きっと身体は育っても、頭の方はあまり育っていないんですね(笑)

毎回ぬるいストーリーでいかにも子供向きという感じなのですが、回を重ねるごとにどんどん暗い話になっていくハリーポッターのシリーズ。見終わるとこちらもけっこう暗い気分になります(^-^;
しかし今回はなぜかロンの心の中にある疑惑がウォルデモードに見抜かれて視覚化されるシーンで、いきなり子供に安心して見せられないシーンが(笑)
影絵のようなアニメーションが登場して、いかにもお子ちゃま向けだとげんなりしていると、必要とは思えないそんな唐突な描写があって、「え~と、制作側が考えたこの映画の対象年齢は?」と思ってしまったり。

これだけのめりこめない要素満載でありながら、フクロウのヘドウィグが殺されるシーン、そして屋敷しもべ妖精だったのをハリーに解放されて自由な妖精になったドビーが死ぬシーンはグッときました、テヘ。
ドビーについては、「こんなに大活躍できるのだったら、もっと前(の映画)から華々しくハリーを助ければよかったのに」という感じもしましたが(笑)

原作本は読んでいませんが、ハリーは選ばれし者ではありますが、日本のアニメの主人公のようにロボットが操縦できちゃったり、とてつもなく強くなるわけでもありません。むしろウォルデモードの増大していく強さに対してあまりにも弱い。ウォルデモードの勢力に対して、不死鳥の騎士団も非常に劣勢です。まあスネイプ先生はどう見ても悪者ではないと思うのですが、それにしてもパート2がマトリックスのラスト(ネオ対エージェントスミスの結末)みたいな感じではないといいなぁと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

 湿度に苦労する季節になりました

ヒゲコノハカメレオンのくまこ


このところめっきり寒くなり、窓に結露ができるようになりましたね。

結露ができるということは、外は寒い。室内も外ほどではなくても、やはり寒い。するとエアコンが大活躍する→室内が乾燥する→加湿器も大活躍する→それでも室内は乾燥気味で、しかも窓には結露がつく

室内の湿度をある程度だけでも保とうとすると結露の量も増えるという困ったパターンの到来ですね
来年の春まで朝夕、結露拭きに勤しまなければ~

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

 夕べのくまこ

ヒゲコノハカメレオンのくまこ


夕べ、帰宅していつものようにリサに挨拶をしてからくまこを見ると、くまこは久しぶりにぱっちり大きく開いた目で私をじーっと見てからゆっくり動き出して、くまこ邸の天井近くまで斜めに立ててある一番高い枝の先に行き、寝るときもその場所にいました。

「目が合ったら目が細くなって、降りて隠れた」ではしょんぼりですが、その逆だったので、それだけのことでしたが、夕べはとても嬉しかったです

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

 最近のくまこ 

ヒゲコノハカメレオンのくまこ


くまこはいつでも食欲旺盛なので、太らないように気をつけています。
でも、ここしばらく顔が微妙に痩せている感じがします。ぽちおとトムが命を落とすほど堪えたあの天候不順の頃からなので、くまこも多少影響を受けていたのかもしれません。
日光浴を嫌がらないので(弱ってくると嫌がります)大丈夫とは思いますが、よく気をつけて様子を見ようと思います。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさんが描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle