fc2ブログ

 ナイト&デイの私的感想


映画紹介ではおそらく「キャメロン・ディアス演じるジューンと、トム・クルーズ演じるロイが空港でたまたま出会ったことから始まる逃亡劇あるいはスパイアクション」といった感じのストーリーとして紹介されているのではないかと思います(違っていたらすみません)。

劇場で予告編を見て、爽快なスパイアクションかと思って行ったのですが‥。
一言で言えば「好きになってしまった男性が、実はスパイだった」という、珍しく女性側の視点から描いたラブストーリー(?)としか言いようの無い映画だったというのが感想です。
スパイ物やアクションものを期待する人にとっては、ガクッと力が抜けてしまうような映画だと思います。
しかも、スパイのエージェントとの逃避行について、全編がまったくふつうのごくありふれた一般人の女性からの視点なのですが、スパイやアクションとは縁無く生きてきた一般女性の「彼を好きになっちゃった」というメガネをかけた思考はこんなにも視野が狭いのかという感じで、ストーリーも彼女目線で展開するのでおおざっぱな出来。思わず「おいおい、いくらふつうの女性でも、頭の中はもうちょっとマシでしょう~!?」と言いたくなるような映画でした

彼といると銃撃戦やカーチェイス、殺し屋まで襲ってきて怖いことばかり。銃撃戦なんて慣れてないから、びっくりするとパニックになっちゃう私(ジューン)。でも彼は私に対して細やかな心遣いをたくさん示してくれたわ。それに両親に対する愛情や恋愛感情は捨てるように訓練されてきたのに、彼は自分の携帯でいつも両親のことを探知して安否を確かめていたの。冷酷なスパイに見えるけれど、彼は本当はとても優しくて愛情溢れる人なのよ!

‥全体に陽気な(脳天気な?)雰囲気ですし、ハッピーエンドなので、ラブストーリーが好きな人や十代の女性、夢見る乙女には良いかもしれません(笑)

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさんが描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle